スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIMフリースマホデビューを考えた理由

SIMフリースマホの使用感について、まだレビューをしていなかったので半年程使ってみた使用感を書いていこうと思う(@_@)


実はと言うと、当時の携帯電話(ガラケー)を所持した頃から着メロというものを作成してきたり、なんだか分からないけど携帯というものについてはすごい興味があったりします(゜゜)

今は完全スマホ時代でガラケーなんて時代は既に過ぎ去ってしまったわけですが、SIMフリースマホというものが世の中に出回り始めてユーザーとしては選択肢が広がったわけで、物心というものを刺激されますね(#・∀・)

私が今まで使用してきた携帯キャリア履歴で言うと、

・当時のJ-PHONE(その後Vodafone→現SoftBank)

            ↓

・docomo

            ↓ MNP乗り換え

・au

            ↓ MNP乗り換え

・docomo

            ↓ MNP乗り換え

・au

            ↓

・WILLCOM(現ワイモバイル)PHSとauスマホの2台持ち

と、色々渡り歩いて来たわけですが、現在はワイモバイルで落ち着いています。

なぜワイモバイルなのか?使用しているスマホは何なのか?をまとめて使用感をレビューしたいと思います。

 

元々はXperia Z3ユーザー

元々docomo、auキャリアを使用していた時のスマホはもちろんXperia派だったんですが、ある日よくある液晶割れしてしまって、保険には入っていたのですが修理費用もある程度かかってしまい、交換(機種変更)も考えたのですが、最近のスマホはおいくら万円!とビックリするくらいかかりますよね( ゚д゚)無駄に高額な割賦(分割)なんて組みたくないし、月々の費用がかかりすぎてしまっては維持費的な意味であまり得なんてしません。

そこで考えたのが、わざわざキャリアが販売するスマホにこだわる理由が無いよな~ということだったんです。

もしキャリアにこだわる理由があるとすると、

・昔から愛用しているEメールアドレスを変えたくない

・周りと同キャリアであれば通話料が無料(または安い)

・家族割

等の理由があげられますが、うちの家族は使用しているキャリアが元々バラバラであるのも事実ですし、スマホ時代になると基本みんなLINEとかで連絡取り合ってるので、Eメールを使う存在意義が無くなってきているのも事実。

スマホを使用する時には必ずアカウント作成というのが前提としてあり、EメールなんてAndroidスマホであればGmail、iPhoneだとiCloudメールを使用する事になるので、もはやキャリアのEメールアドレスにこだわる必要性が無くなったと言っても過言ではないんですね。

通話料はあまりかかってほしくないかな~と考えてたんですが、LINEの無料通話を徹底使用するという方法もあるんですが、実際に仕事に関係する通話や番号で電話発信する必要がある時は役に立ちませんよね↓

人気のワイモバイルであれば、10分以内の国内通話(固定・携帯・IP宛)であればどこにかけても通話料無料なんですね~(゜o゜)

 

国内通話料無料のワイモバイル

ワイモバイルは元々はイー・モバイルとWILLCOMの2社が合併してできた会社なんですが、10分以内の国内通話無料についてはWILLCOMのPHSからなら『だれとでも定額』で国内通話料無料という点で引き継いでいるサービスになります。

・当時のWILLCOM PHSで国内通話料無料

・ネットはスマホ(docomo、auのXperia Z3)

の2台持ちで運用していました、2台持ちでも月々の維持費はかなり安くてとても助かっていました。丁度その頃イー・モバイルとWILLCOMが合併しワイモバイル誕生という流れになります。

このまま平和が続けば良かったのですが、ある日Xperiaが液晶割れしてしまい、スマホでネットができなくなってしまったのです。

スマホでネットができなくなっては辛い。Σ(゚Д゚)

そこで、ただネットをする為だけの液晶割れしたXperia Z3を買い替えWILLCOM PHSと2台持ち運用を続けるか、WILLCOM PHSを手放しdocomoやauが提供する国内通話無料のプランに切り替えスマホ一台の運用にするかの判断が迫られました。

しかし、docomoやauが提供する国内通話無料のプラン内容や割高料金設定に納得がいきません。Σ(゚Д゚)

そこで、ワイモバイルも視野に入れて調べてみると、2980円(キャンペーン適用時1980円)で国内通話料無料のスマホを手にする事が分かりました。とても安くてお得で良いんですが、当時のできたてワイモバイルが販売するスマホの種類が少な過ぎてワイモバイルのサービスが良くてもワイモバイルのスマホを使いたいとは思いませんでした。

このまま悩みつつ、もう少し詳しく調べてみると、、、

・ワイモバイルSIMカードのみの契約

というのを目にします。

お使いのSIMフリースマホにワイモバイルSIMカードを入れて運用可能という内容です。

まさにこれだと判断し、SIMフリースマホのデビューが始まります。

 

SIMフリースマホは現在多数販売されており、スマホ単体だけの購入ができるところもあれば、格安SIMセットでないと購入できないところもあります。

私が求めていたのは、SIMフリースマホ単体だけで購入ができるところで、更に価格も安くて機能も良くてデザインもXperia並に良くて安心して使用できるものに重点をおいてあらゆるところを探してみました。

 

FREETEL SAMURAI REI

そして行き着いた先が、FREETELというメーカーが販売しているSIMフリースマホ。FREETELは格安SIM取扱事業社(MVNO)なのですが、スマホ製造メーカーでもあるとの事です。FREETELが販売するSIMフリースマホは、その他MVNOが仕入れて販売している中華製SIMフリースマホとは違い、FREETEL自身が企画製造した日本国産の安心SIMフリースマホとHPにも掲載があります。

(実際にはFREETELが企画した中華製スマホの様ですが、全てFREETELによる企画された商品なので不具合対応やアップデート対応が早いので安心という意味で評判です。)

FREETELが販売するスマホの中でもSAMURAI REIというスマホが機能的にもデザイン的にも(iPhoneみたいw)価格的にも私の条件を満たしていたのでこれを購入してみました。

・デザインはアルミ金属ボディでiPhoneみたいw

・完全SIMフリー

・5.2インチFullHD液晶

・2GB RAM

・32GB ROM + microSDカード対応可

・オクタコアCPU(8コア)※ただし低速

・29800円

完全SIMフリースマホなので端末が対応している電波であれば、世界中どこのSIMカードを入れてもちゃんと機能します。私の場合ですが、中国に行く時なんかはSIMフリーだと助かります。

欲を上げるとキリがないですが、防水やおサイフケータイには対応してほしかったかな?

現状、SAMURAI REIにワイモバイルSIMカードを入れて一台運用しています。(゜゜)

 

〈使用感レビュー〉★★★★☆

実際の使用感レビューだと、docomo、auのXperia Z3との感覚比較になりますが、液晶の綺麗さ、スピーカー音質、処理速度、カメラ画質ではもちろんXperia Z3には及びません。

しかし、Xperiaレベルの様に高望みはせず、スマホとして一般的に使用するのであれば全然使えるレベルです。処理速度は基本動作はモタつく事は少ないですが、アプリの入れ過ぎやゲーム使用を前提にすると重くて動きにくいです。

画面下にホームボタンがありますが、5つの動作を認識します。

・指紋認証ボタンなので指を乗せるとロック解除

・押すと『ホーム』

・タッチすると『戻る』動作

・長押しすると『GoogleNow』起動(別動作に変更可)

・ダブルクリックすると『アプリ履歴』確認(別動作に変更可)

通常のAndroidスマホだと、画面下には『戻る』『ホーム』『アプリ履歴』等のボタンがありますが、これらと同じ動作がボタン一つにまとめられているという感じで慣れるとすごい使いやすいです。

内蔵アプリは特に不要なものは無く、純正Androidといった感じでしょうか。

デザイン面はiPhoneの様にアルミ金属ボディなので高級感を味わえます。傷が付かないように大事に扱うクセができますね。

カメラ画質は一般画質といいますか、特に粗くもなく目立った不利な点はありません。FullHDの動画撮影が可能なので、YouTubeネタ用に撮影したりする事もありますが、撮影中にXperia Z3の様に熱で落ちたりする事はありません。

最後に電池持ちですが、Xperia Z3と同等といったところでしょうか。使えば減るし使わなければ減りにくいという感覚ですね。

 

今のところ、SAMURAI REI × ワイモバイルSIMを半年程使用してきましたが、特別不便だと思う点は見当たらないのでほぼほぼ満足しています。このまま故障せずに使えたら手放すことは無いでしょうw

1つの参考にしてもらえたらと思います(@_@)

関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。