スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てしなく続く!永遠の万里の長城

【2005年4月15日】

北京生活も段々と慣れて来たのか、いや、まだ慣れていないなと気付いた頃には一週間が経ち、次は大学側が主催する北京案内小旅行ツアーに参加する事となった。


北京の郊外(農村の方)にあるとされる万里の長城ツアーという企画らしい。万里の長城って聞いたことはあるけど、歴史に詳しくない為どうせ行くんなら事前に中国の歴史くらいポイント抑えて勉強しとくべきだったと今更ながら思う。

 

とバスに乗り込み北京の農村地まで数時間と駆け抜ける。もし途中でお腹の調子が悪くなったとかトイレに行きたくなったら農村地での対応はどのようにしていけば良いのだろうか?とか元々お腹の調子には人一倍弱い自分に余計に心配しながらのツアーとなる。

大丈夫!俺にはリンとバットが付いてる!

 

冗談はさておき、日本みたいに清潔なお手洗いなんか用意されていない中国で外出する時には必ずトイレットペーパーを持参で持ち歩きましょう。ここはテストに出ますよ!?

 

日本の選ばれし者の朋友と気さくな会話をしながら、モチベーションを上げつつ、何事もなく無事に行き帰り生還する事だけを祈る自分がなんか恥ずかしい。でも万里の長城見れるんだと少し期待しつつ、到着を待つ。。。

 

 

万里の長城

到着すると、そこは完璧なる農村地( ゚д゚)

万里の長城を拝む為にはまず登山しないといけない、まぁそだよね↓と思いながら一段また一段と登山体制に入る。

周りを見渡しても何も存在しないただ山だけの絶景が本能をくすぐる。

あぁ、日本に帰りたい(@_@)

 

ん?でもよく見てみると、山のふもとに建物や家?村?だと思われる建築物一部が目に入る。え、こんな所で住んでいる人なんているのか??

まさにその通り、中国では農村地でも実際に人がそこで生活している事実にとても驚く(゜o゜)きっと農村の人が日本という国に来たらビックリするだろうな~!とかそんなギャップを感じながらなんとか山の頂上に辿り着いた。

 

 

これが噂の万里の長城!Σ(゚Д゚)

ついに拝めた!ついに異国である中国を制覇した気になったのは自分だけだろうか笑。とりあえず何を言っていいのか分からないが、感動と嬉しさのあまり、日本の選ばれし朋友と万里の長城ででんぐり返り(前転)し、制覇達成の記念撮影を行うw

 

どこまで続いているのだろう??

 

 

永遠に続く万里の長城を拝められたとこで、帰還指示が出る。いつまでもこんな絶景に見とれていると、農村地帯と共存して生きていかなければならない為、それは避けたいw

ということで、サッサとバスに乗り込み大学へと帰還する。 

 

 

ん~感想としては万里の長城見れて写真撮影できただけでも感動しましたね。それくらい行く価値があるとこだと思ってます。

ただ、場所が悪いというか農村地なので、今後また機会があった時にここへ来る事があるのか?というとNoという答えになるかもしれない。なにしろ、遠いし農村だし、今回は小旅行ツアー企画だったけど、個人でこんなとこどうやって行って帰ってくるの?という問題の方が多いからであります。でも、万里の長城制覇できたんでヨシということにしたいと思います!

 

中国って広すぎる…次はどんな所へ行くのだろうか…?

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。